看護師の現場傾向

女医

看護師が転職を行う際には就職と同様に幅広い選択肢があります。しかし新卒者の募集に比べると中途採用者の転職の場合には求人内容に少し違いがあります。新卒者向けの場合には日勤と夜勤を含んだ週休2日制の常勤看護師の募集が多いのに対し、中途採用の場合には日勤のみとしたり週休3日保証としたりして、労働条件が少し緩和されている代わりに勤務経験を必要とするものが多いのです。 その給料としても経験を要求する場合には新卒者に比べると少し高めの設定がなされています。これは、経験が重視されているということよりはむしろ、女性の社会復帰の道を広げることによって看護師全体の水準を上げることを目的としたものであり、現代のトレンドとも言うべき傾向です。

看護師の仕事は日勤と夜勤とがあり、常勤看護師となると不規則な生活を余儀なくされるため、体力的あるいは精神的な問題によって転職を選ぶ人も少なくありませんでした。また、土日の勤務や平日の残業が多いことから、子育てとの両立が難しいということもあって出産に伴って職場を離れてしまう女性の看護師が多い傾向が続いていました。 福利厚生の充実によってそういった傾向が弱まったものの、子育てを終えて職場復帰してくれるベテラン看護師が少なく、その需要が高まっていました。それを補充する目的で日勤と夜勤を別の看護師が行う傾向が生まれ、労働条件が緩和された求人が行われるようになってきました。これにより転職や職場復帰が促進されつつあるのが現状です。